話題の低公害車!税制で優遇される理由

沖縄01自動車は私達の生活に欠かせない存在ですが、自動車を動かす際には必ず「二酸化炭素」が排出されます。二酸化炭素は地球温暖化の原因となる「温室効果ガス」を増加させるため、大きな社会問題となっています。


また、二酸化炭素の他にも窒素酸化物や一酸化炭素など、大気汚染の原因となる物質も排出されてしまいます。この問題に対処するために誕生したのが、「低公害車」と呼ばれる自動車です。これは、大気汚染や地球温暖化の原因となる物質の排出が少なく、環境に優しい自動車の総称です。具体的には、電気自動車やメタノール自動車、天然ガス自動車、圧縮空気車、そして現在広く普及しているハイブリッド車が挙げられます。これらの車は、地球温暖化などの環境対策や自動車メーカーの業績回復などを目的として、税制面で優遇されることになっています。税金を安くすることによって、このような環境に優しい車の普及を促しているのです。自動車を購入する側にとっては、税金を安く抑えることが出来る一方で、国や自動車メーカー側にとっても、自動車が売れやすくなったり環境に優しい自動車の普及が進むというメリットがあるのです。また、最近ではトヨタの「プリウス」に代表されるハイブリッド車が急速に普及しており、日本だけでなく世界でも多くのハイブリッド車が走っています。